技術書典6に参加してきた(当日の待機列について)

Books

2週間程前になりますが、2019/04/14に池袋サンシャインで開催された技術書オンリーイベントこと、技術書典6に一般参加してきました。

参加は初めてではなく、前回の技術書典5が初参加。技術書典5は会場40分前に着いていまいしたが、既に1000人規模(ソース不明)での待機列で入場までに約20分程必要としました。待機列としては文化会館前からサンシャインシティの外周廊下に4列でならび、豊島自動車練習場の前だったと記憶しています。噂では後続は非常階段を2階から4階に伸び、屋上で待機列を作ってもう一度2階におりてきていたとか、いないとか。

何時に現地に着いたか

前回の反省を受けて今回は1時間以上前、具体的には9時40分に文化会館2階に到着しました。が、それでも既にかなりの長さの待機列が発生していました。今回から、開場からの2時間(11時〜13時)は1000円の入場券が必要となる(それによって混雑緩和を見込む)ということでしたが、念の為早めに行動することにしました。

ちなみに、東池袋駅の地下通路経由でいくと、サンシャインシティに繋がるエスカレータを1つ上とトイザらス前。そのトイザらス前のエスカレータをあがると文化会館二階のため、おそらく最短ルートかと。

公式Twitterでも予告されていたように入場券の販売は10時からでしたが、待機列が発生していたためスタッフに確認し、待機列の最後尾にならんでまつこと約20分。待機中の人向けにスタッフが入場券の販売を行うため、1000円をすぐ渡せるようにアナウンスがありました。

購入した入場券。2753番

既に3000人近く並んでいるのか!とも思いましたが、Twitterの他の参加者から判断すると待機列向けには2000番から販売していた模様。

結局どこらへんに並んでいたのか。

元造幣局跡地の工事を見ながら延々と1時間半近く並んでいました。(下記画像参考)入場までには15分くらいかかりました。

暖かくなってきたとはいえ、外で待つのはしんどいので、中で待ちたいところ。噂によると先頭は2時間前から並んでいたとかいないとか。

GoogleMapより。技術書典6の待機列

 

戦利品についてはまた後日。

タイトルとURLをコピーしました