/etc/cron.hourly/0yum-hourly.cron:Not using downloaded repomd.xml のメールが届くようになった

自宅サーバのCentos 7 から以下のメールが急に届くようになった。

件名:run-parts /etc/cron.hourly

/etc/cron.hourly/0yum-hourly.cron:

Not using downloaded repomd.xml because it is older than what we have:
Current   : Tue Nov 19 21:04:54 2019
Downloaded: Thu Jan  1 09:00:00 1970

なんでダウンロードしたのが1970やねん。放置していたが解消される見込みがないので調査開始。

とりあえずキャッシュ削除

$ sudo yum clean all
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
リポジトリーを清掃しています: base extras jenkins remi-safe updates
Cleaning up everything
Cleaning up list of fastest mirrors

キャッシュ削除後、改善したか確認するためにcheck-updateしてみる。

$$ yum check-update
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Determining fastest mirrors
 * base: ftp.nara.wide.ad.jp
 * extras: mirror.vodien.com
 * remi-safe: mirror.innosol.asia
 * updates: mirror.vodien.com
エラー: requested datatype primary not available

どうやら何かしらのリポジトリが悪さしてそう。

念のため、メタデータの削除

メタデータを削除して、yum が通るかを確認してみる。

$ yum clean metadata
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks

▽
リポジトリーを清掃しています: base extras jenkins remi-safe updates
14 個の metadata ファイルを削除しました
7 個の sqlite ファイルを削除しました
0 個の metadata ファイルを削除しました

削除し終わったので、再度check-update。今度は詳細にみてみる(verboseオプションを付与)

$ yum check-update --verbose
プラグイン「fastestmirror」を読み込んでいます
プラグイン「langpacks」を読み込んでいます
Adding ja_JP.UTF-8 to language list
Config time: 0.009
Yum version: 3.4.3
rpmdb time: 0.000
オブジェクトの更新を構築しています
Setting up Package Sacks
Determining fastest mirrors
 * base: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
 * extras: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
 * remi-safe: ftp.riken.jp
 * updates: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
エラー: requested datatype primary not available

結果はだめ。だが、疑わしきリポジトリが2つ絞れた(笑

リポジトリ毎に問題がないか切り分け

一つずつどのリポジトリ(どちらのリポジトリが)問題かを切り分ける–disablerepo=hogehogeオプションでリポジトリを指定することで一時的に無効化するリポジトリを指定できる。

$yum --disablerepo=updates check-update
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
 * extras: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
 * remi-safe: ftp.riken.jp
エラー: requested datatype primary not available

だめ。ということはftp.riken.jpが怪しい。

yum --disablerepo=remi-safe check-update
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
 * extras: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp
 * updates: ftp.yz.yamagata-u.ac.jp

GeoIP.x86_64                                                                                    1.5.0-14.el7                                                                        base
LibRaw.x86_64                                                                                   0.19.2-1.el7                                                                        base
ModemManager.x86_64      
(略)

アップデートできた。ということで ftp.riken.jp との疎通にうまくいっていない模様。とりあえずリポジトリを使わないように設定変更することにする。

$sudo yum-config-manager --disable remi-safe
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
====================================================================================== repo: remi-safe ======================================================================================
[remi-safe]
async = True
bandwidth = 0
base_persistdir = /var/lib/yum/repos/x86_64/7
baseurl =
cache = 0
cachedir = /var/cache/yum/x86_64/7/remi-safe
check_config_file_age = True
compare_providers_priority = 80
cost = 1000
deltarpm_metadata_percentage = 100
deltarpm_percentage =
enabled = 0
enablegroups = True
exclude =
failovermethod = priority
ftp_disable_epsv = False
gpgcadir = /var/lib/yum/repos/x86_64/7/remi-safe/gpgcadir
gpgcakey =
gpgcheck = True
gpgdir = /var/lib/yum/repos/x86_64/7/remi-safe/gpgdir
gpgkey = file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi
hdrdir = /var/cache/yum/x86_64/7/remi-safe/headers
http_caching = all
includepkgs =
ip_resolve =
keepalive = True
keepcache = False
mddownloadpolicy = sqlite
mdpolicy = group:small
mediaid =
metadata_expire = 21600
metadata_expire_filter = read-only:present
metalink =
minrate = 0
mirrorlist = http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/safe/mirror
mirrorlist_expire = 86400
name = Safe Remi's RPM repository for Enterprise Linux 7 - x86_64
old_base_cache_dir =
password =
persistdir = /var/lib/yum/repos/x86_64/7/remi-safe
pkgdir = /var/cache/yum/x86_64/7/remi-safe/packages
proxy = False
proxy_dict =
proxy_password =
proxy_username =
repo_gpgcheck = False
retries = 10
skip_if_unavailable = False
ssl_check_cert_permissions = True
sslcacert =
sslclientcert =
sslclientkey =
sslverify = True
throttle = 0
timeout = 30.0
ui_id = remi-safe
ui_repoid_vars = releasever,
   basearch
username =

これで1時間に1度来ていたエラーメールがこなくなったのでよしとする。

タイトルとURLをコピーしました