目次

Keychron K7キーボードについて


KickstarterでKeychron K7 に出資した。

65%のウルトラスリムキーボードらしい。1000番台とそこそこ上位のナンバーだと思うのだけれども、ちょっとばかりカスタマイズをした結果、手元に来るのは9月上旬になりそうだ。

Keychron K7 Wireless Mechanical Keyboard

Keychron K7 - An Ultra-slim 65% Compact Wireless Mechanical Keyboard.

Keychron K7について

Keychron K7は65%レイアウトのキーボードとなる。ロープロファイルであるところは同じため、前回購入したK3よりも、1列分少ないレイアウトとなり、数字兼ファンクションキーが設定されたキーボードとなる。

Keychron K3 Version2 (青軸) でカチャカチャカチャ… ッターン!

Keychron のK3 Version2 を購入した。 先週7月13日の朝にぽちって、13日夕方発送、14日の夕方に届いた。深圳からの発送で、まさかの翌日配達。びっくりした。

今回、出資者には、公式サイトでKickstarterと同じアカウントでの購入かつ、特定コードが入っている場合のオプションパーツ購入時のみ、送料が無料となった。

悩んだ結果、パームレストも追加することにした。パームレストはK7専用というわけではなく、横幅が共通のK3でも利用できるというのが背中を押した。

Keychronの10%オフクーポンについて

以前にこの方法で取得したクーポンコードが2021年9月8日まで有効。

誰かが利用するとそのコードが延長される仕組みのようだ。ちなみにこのコードが利用されようがされまいが、自分の手元には1銭も入らない(笑) だったら定価を10%下げればよいのに、と思ったりしなくもない。

Keychron K7の発送について

Note
以下、9月9日 追記

9月8日の夜にDHLのSNSから配送予定が9月13日着として通知された。

税関次第だけれども、早まって土日かなと思っていたらすでに手元にある

しかも手元についてからKeychronから発送通知が来たんですが(笑

明日以降使い倒して感触を探る予定

Keychron K7 インプレッション

Note
以下、9月12日 追記

数日使った上での、インプレッション。

https://res.cloudinary.com/dlhmnejhz/c_scale,f_auto,q_auto,w_1200/20210912-DSC_0050_tjv8jw.jpg
Keychron K3(上)とKeychron K7(下)

Mint軸(Mint switches)について

軸はミント(Mint)を選択した。ミント軸はK7用に開発された新しいスイッチタイプ。青軸よりも打鍵感が強くそれでいて静音。

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0059/0630/1017/files/K7-low-profile-Keychron-optical-switch-specs_1024x1024.jpg?v=1625654780
Enjoy a Similar Panda Switch Experience on an Ultra-Slim Mechanical Kebordsより

現在、K3は青軸->白軸->青軸に戻して使用している。白軸は自分にとっては、少し触れただけで反応してしまう、センシティブな軸で打ち間違いが多かった。日常利用的には青軸の方が良い。ただ少し音が気になる時がある。

そんなわけでミント軸に期待をしてBackしたのだが、なかなかどうして良い感触。あえていうなら青軸に慣れ切ってしまった身としては、少しばかり重いといえなくもない。

しっかり押し込む必要があり、それでいて静か。バナナ軸と茶軸のどちらかを試してみたいところ。出資者のアドオンで購入することができた、追加スイッチを買っておくべきだったかもしれない orz

Keychron K7とKeychron K3の厚みからくる印象の違い

Keychron K7とKeychron K3の違いは、キー配列だけではない。一列少ない分、一列あたりの傾斜がやや高く設定されている。どちらも前面が17mm、背面が22mmの高さとなっている。

https://res.cloudinary.com/dlhmnejhz/c_scale,f_auto,q_auto,w_1200/20210912-IMG_2605_qorh5r.jpg
K7とK3の背面(22mm)

手前側の厚みは同じため、6列かけて5mm高くなるか、5列で5mm高くなるかの、この1列少ない分の傾きが、「詰まっている」印象を受け、自分にとっては使いやすい角度となっている。

https://res.cloudinary.com/dlhmnejhz/c_scale,f_auto,q_auto,w_1200/20210912-IMG_2606_rqxtnb.jpg
K7とK3の前面(17mm)

僅かな厚みの差とはいえ、タイピングの時に感じる印象は劇的に違う。Keychron K3 Version2もなかなかに素晴らしいキーボードだったが、今後はKeychron K7がメインとなるだろう。