iPad mini 3 16GB はラクウルでいくらで売れたのか

Amazon Alexaを設置すると同時に、IIJmio のSIMをさしていたiPad mini 3 16GB (docomo)端末を祖父母宅から回収したので、下取りに出した。

80歳でも使える、Amazon Echo Show 8 とSIMフリールータで作るオンライン帰省システム
2020年初頭からコロナ禍が始まってもう一年。リモートワークやオンライン飲み会など、ITを活用したソーシャルディスタンスが新しい生活様式として我々の生活の中には浸透したと言える。 コロナ禍で実家に帰ってはいないが、月に何度かは...

そのうち売るだろうと、残していた購入当時のじゃんぱらのレシートを見る限り、2016年末に28,800円で購入していた模様。
その後すぐにIIJmioのSIMカードをさして、簡単なセットアップをして渡していたわけなので、4年半に渡って利用されていた。

利用していたというと聞こえはいいが、

  • ホームボタンを押してね! → 長押しになってしまいSiriが起動
  • 「みてね」や「Line」を使ってね! → 入れていても起動のしかたがわからない
  • と、あまり使われていなかった。

    つまりほとんど(中古で)買った時から変わらないような状況でいくらで売れたのか、というメモ。
    メルカリも考えたがiPad mini とか中途半端に古い端末は本体よりもケースなどの周辺機器ばかりヒットしているので、相場もわからず出荷処理もめんどくさかった。

    その点、ラクウルはAmazonなどの空箱に適当に詰めて(もちろん電化製品なのでそれなりの梱包はして)、配送手続きをすれば翌日には引き取りに来てくれるので、何かと便利。

    送付前に買取上限額もサクッと調べられるので、付属品の欠品やデバイスの問題などを加味してもおおよその価格が掴める。
    2021年5月11日現在の上限額は 13,000円だ。

    らくらくかんたん買取ラクウル
    らくらくかんたん買取ラクウル。アイテムを箱に入れて送るだけ。集荷も査定も無料のあんしん買取。

    さて、今回の査定結果は、「10,160円」だった。理由は箱や付属品の欠品、ディスプレイに多少の色むらあり。とのこと。
    箱や付属品の欠品は仕方がない。Lightningケーブルや充電のためのUSBモジュールは残ってたものの、Appleロゴシールなどが入っている説明書の類も残ってなかった。

    とはいえ、(あまり利用されていなかったかもしれないが)差し引き4年ほど利用していた端末が差し引き2万以下だったので、ランニングコストとしてはなかなかだったのではないだろうか。

    タイトルとURLをコピーしました