目次

6月3日の東京マーケットワイド


ただ聞き流すだけでは頭に入ってこないので、耳に残ったポイントだけでもメモしておこうと考え、今日から始めます。毎日できるわけではないかと思うけれども、できる限り続けていこうかと思う。

G20について

6月28日のG20で米中の貿易交渉。

中国としては現状以上に経済の見通しが悪いとよくなく、トランプ(アメリカ)としても来年、大統領選挙があるため、決着がつき難い状態

…だからこそ、6月28日に向けて妥協点を探るのではないの?

6月3日の材料について

中国もハイテク立国となっているため、関税をかけると内需に影響することがある。例えばどのような機械にも入っている「変速機」。これに関税がかかると内需に影響する。土曜日(6月1日)の日経に書いてあった。

ふむふむ。

これのことかな↓

中国、持久戦も覚悟

【北京=原田逸策、ニューヨーク=中山修志】中国政府は1日発動する対米報復関税で、液化天然ガス(LNG)などへの追加関税率を最大25%に引き上げ、米国からの輸入を制限する。一方、米国以外からの代替調達が難しい品目に適用除外制度を新設するなど「持久戦」への覚悟もにじませる。貿易交渉が袋小路に入り、米中の関税合戦は我慢比べの様相を強めている。(1面参照)LNGなど25%米国にとって打撃が大きいとみら

「設備投資 国内向け堅調」

の日経新聞の記事について、「内需は引き続き堅調だか、外需は不安が溢れている」ということを言いたいのでは?

日経新聞の該当記事

設備投資 国内向け堅調

2019年度の設備投資動向調査では、JR東日本など堅調に投資を伸ばす内需型企業が目立った。製造業も高い投資水準を計画するが、世界的な景気失速の懸念もある。投資計画の実行段階では、海外の景況感を踏まえて、経営者には先送りも含めた判断が求められそうだ。(1面参照)「会場に近い千駄ケ谷駅や山手線の駅など、利用者が多い場所で優先的にホームドアを整備したい。高輪ゲートウェイ駅も開幕前の完成を目指して工事

読売新聞の記事からは、内需・外需ということについて(見出しからは)読み取れなかったが、中身を見ると、「外需(米中貿易摩擦)」は影響がでているという記載

朝日新聞ではさらっとしか記載されていない

1─3月期設備投資は全産業で前年同期比+6.1%=法人企業統計 - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル

 [東京 3日 ロイター] - 財務省が3日発表した2019年1─3月期の法人企業統計(金融業・保険業を除く)によると、設備投資額(ソフトウエアを含む)は全産業で前年比6.1%増となった。前期比(季節

任天堂の動き

任天堂が続伸している。しっかりしている。

(6月3日時点で)最新のバロンズに、「市場シェアを持っている」銘柄としてPaypal,Alphabet,そして任天堂がある

というコメントをされていますが、個人的には5月29日に発表した「ポケモンSleep」などのポケモンの今後の戦略に関連してあげているんじゃないかと思うところ。岩本さんも仲田さん、というよりもゲーム(ポケモン)について興味がないと、以下の話題についてご存知ないのではないかと個人的には感じる。

「Pokemon HOME」や「Pokemon Sleep」など新プロダクトを発表!ポケモン、事業戦略発表会を開催

 ポケモンは、5月29日開催の「ポケモン事業戦略発表会」において、ポケモンが描く次の未来のサービス、プロジェクトについて、複数のパートナー企業と共に発表した。

Amazon.co.jp: ポケットモンスターを観る | Prime Video

カントー地方のマサラタウンに暮らす主人公・サトシは、オーキド博士からピカチュウとモンスターボール、ポケモン図鑑をもらい、ポケモンマスターを目指して冒険の旅に出発。ニビジム、クチバジムなどでの激しいバトルや、行く先々でのポケモンたちとの出会い。ポケモンたちの不思議な話やユーモアたっぷりの表情なども交えたポケモンTVアニメシリーズ第1弾。