目次

Windows10の仮想マシンが 「一般的なシステム エラーが発生しました」が表示され起動できなかった


ESXi6.0.0環境で稼働していたいくつかの仮想マシンは、iSCSI上に構築していた。

先日作成したESXi7で稼働させるために、まずはESXi6環境でパワーオフし、ESXi7でパワーオンできることを確認後、マウント解除をしていた。
ただ、Windows10の仮想マシンだけが、「一般的なシステム エラーが発生しました」が発生して起動できなかった。

構築した際のメモは以下。

Mac OSをインストール可能なESXi7環境を構築する

はじめに この手順はApple社が認めているものではありません。 またVMware社が公式に認めているものでもありません。行う場合は自己責任でお
[

エラーログ出力内容

ESXiに出力されるイベントログは「一般的なシステム エラーが発生しました」だけで、何が起こっているかわからない。
VMwareのKBもわかりやすいものがあるとは思えなかった。そこで仮想マシンの起動ログを確認することにした。

ログ調査

今回は、特定の仮想マシンが起動しない不具合なので、VMware vSphereの基盤ではなく、仮想マシン側の問題と考えられた。そこで仮想マシン側のログを見ることにする。

SSHの有効化

ログ調査のためにSSHを有効にするESXiはデフォルトでSSHが有効になっていない。セットアップの途中で有効にしていない限り、以下の手法でONにする必要がある。

  1. vSphere Web Consoleにアクセスする
  2. ホスト > 管理 > サービス に移動
  3. 「検索」で「SSH」を検索して表示される「TSM-SSH」を「有効」にする

あとはターミナルを立ち上げ 「SSH root@ESXiのIPアドレス」でアクセスする。

仮想マシンのログ

仮想マシンのログはVMDKファイルと同じ箇所に保存されている。例えば以下のようなパスとなる。

/vmfs/volumes/iSCSI-DATA/HOGE_VM/vmware.log

今回、このログの末尾に以下の文言が記載されていた。

Panic: monitor not available, skipping monitor coredump

まとめ

ディスプレイ周りに原因があるかと思い、数分調査していたが、ログをよくよく読むと、

1
2
3
2021-02-24T01:54:56.894Z| vmx| I125: USB: Initializing 'EHCI' host controller
2021-02-24T01:54:56Z[+0.000]| vmx| W115: Caught signal 11 -- tid XXXXXXX (addr XX)
2021-02-24T01:54:56Z[+0.000]| vmx| I125: SIGNAL: rip XXXXXXXXXX rsp XXXXXXXXXX rbp XXXXXXXXXX

といった形で、USBデバイスの初期化中にsignal 11が発生していた。ここでメモリ割り当てが行われていない箇所を参照しようとして、カーネルパニックが起きていた。

ESXi7の環境で、当該の仮想マシンデバイスからUSBデバイスを一度削除して保存し直したところ、起動できるようになった。