IKEAのポエングでルンバが引っかかってしまうので対策した

IKEAのポエングというアームチェアは価格も手頃で、座り心地もよく、大変気に入っているのだが、毎日のようにルンバがこのアームチェアの足に引っかかってしまうので対策をした。

家庭で利用しているルンバはルンバ770というひとつ前のシリーズ。
公式サイトに記載があるけれども、「ルンバは約2cmまでの段差は自動で乗り越え」ます。
この乗り越える、がミソで、それ以下の段差は乗り越えようとするけれども、段差はあくまで段差なのですよね。

何が言いたいかというと、ルンバが丸々乗る程度の段差であれば、段差を超えた後、ルンバが移動します。

ただ、椅子の脚のように、幅10cm程度の場合、タイヤとタイヤの間に段差が来てルンバ(のタイヤが)宙に浮いてしまったり、斜めに乗り上げた結果、前進も、向き変更もできなくなって電池切れ、ということがままあります。

原因は脚の厚みが12mmであることなので、ホームセンターから似たような素材の板を購入。

ホームセンターのサービスでポエングにちょうど合うサイズにカットしてもらい、接着。

一月ほど様子見ているけれども、脚を超えなくなったので、ルンバが部屋を掃除にでてそのまま生き絶えることなく使えています。

結構長いこと、どうやって解決するべきか悩んでいたけれども、案外簡単に決着がつきました。

ポエングの脚に木を追加してルンバが超えられないようにする

タイトルとURLをコピーしました